記事一覧

S4使用構築、僕とめぐるとラティクチハート最高2089、最終1901


シーズン4お疲れ様でした!><
けいまです!(^○^)
シーズン4も相変わらず、好きなラティアスクチートでレートの海に潜ってました。そして、2100一歩手前まで行ったのですが、そこからズルズル負けてしまいました;;

一応、2089までは乗せれたのでその時、使ってたポケモン達を紹介します。

タイトルはノラと皇女と野良猫ハートから文字った物。
ちなみに、ノラとと要素は一切無いですw

↓使ってたPT



以下個別紹介 以下常体





クチート@石ころ
Lv50時の実数値(メガシンカ時)

147-165-145-×-115-88

努力値

172-196-0-0-0-140

【調整意図】

HB=A+1(威嚇からの剣舞を積んだ想定)意地っ張りミミッキュのZシャドクロを18.8%耐え

HD=控えめテテフのZサイキネ(PF込み)で18.8%耐え。

S=12振りブラッキー抜き

A=A-1状態でH157メガクチートを炎牙で高乱数2発

僕がレートをやる理由その1。
ORAS中期で産まれてた色♀理想クチート。
レート対戦するとき、毎回PTに入れてる不動の嫁ポケモン。
S3の時より、Hを対ミミッキュとテテフへの遂行に支障が起きにくい程度に削って、残りをSに回した。

今期はクチートの天敵である、馬車が大量に繁殖してたので低いレート帯では動かしにくかった。
しかし上に行くに連れて、ボーマンダやガルーラ、ゲンガーを主軸にしたPTを多く見られたので、その辺りに出していった。
PTにトリルを仕込んでいない為、見せ合い段階でどのポケモンをクチートで倒すかが非常に重要だった。
基本、相手のPTにポリ2がいる場合は積極的に選出していく
また、コケコランド入りにこの子を選出すると、かなりの確率で置物にされたのでコケコランドはかなり辛かった。

技構成は前回と変わらずフルアタ構成。
ただ、クチートとハッサムが前期と比べてかなり減少しており、炎牙がほぼナットレイピンポ気味になっていた(その主食のナットレイもクチートの顔を見るなり、種付けをやった後、一目散に逃げていく)
クチート使いなら、当たり前だが、
†ナットクチート対面はじゃれつく安定†
裏からわこつしてきたボーマンダや馬車が勝手に4にます
炎牙の枠は剣舞やドヒドイデ絡みのサイクルに刺さる雷Pでもいいかもしれない。

後、初手クチートゲンガー対面で初手素催眠打ってくる奴は控えめに言って滅べ。
初手ラティアスゲンガー対面でも同じく、滅べ。

NNはサノバウィッチのメインヒロインであり、僕が最も好きな二次元キャラ、因幡めぐるから。
†かわいいしかない†








ラティアス@拘り眼鏡
Lv50時の実数値
159-×-111-158-151-178

努力値
28-0-4-220-4-252

【調整意図】

HD=メガゲンガーのシャドボ&眼鏡コケコのマジシャ耐え。

S=最速

C=サイキネでH252メガヘラクロスを確定1発
10万ボルトでH252レヒレをお盆込みで高乱数2発
シャドボでH252ギルガルドを確定2発=後出しを許さない

僕がレートをやる理由その2。

ORAS初期からクチートの相方として僕のPTに入ってる、不動の嫁ポケモンその2。かわいい。
主な役割は、馬車、リザードン、霊獣ボルト、ロトム、バナカグヤ、レヒレ、ゲッコウガ、ドヒドイデ絡みのサイクルパ等である。
相手のPTを見て、ミミッキュやテテフ等がいないのを確認して、刺さりが良かった場合は積極的に初手に投げて火力を押し付けていた。
今期は全体的にテテフが減少+遅くて耐久のあるテテフが増えた印象を受けたので、かなり出しやすかった。

ただ、バトン馬車が流行していた為、守るで技を見られた後に、裏のテッカグヤやテテフに繋がれる動きが辛かった。

ガルドやグロス入りのPTに対して有利対面を取ったら、積極的に裏のガルドやグロスを意識してシャドボをぶん投げていく。(毒ガルドやめて毒ガルドやめ毒ガルドやめて)

バナカグヤに対しては、ラティアスを見ると大抵のバナはカグヤに引くので、ノータイムで10万ボルトを打ってカグヤに致命傷を与えていた。

技構成はメインウェポンのサイキネ、レヒレやカグヤ、アシレーヌ意識で10万ボルト、ラティアスに対して後だしされるガルドやグロス、テテフ意識でシャドボ、ラストはゲッコウガやリザX、霊獣ボルトを一発でシバく為に流星群を採用。
波乗りは、ヒードランの減少に伴い切ったのだが、終盤また、増え始めたので数によってはまた採用する可能性あり。

流星群をあまり打つ機会が無いため、ここの枠は、ランドやグライオン、龍+妖に刺さる冷ビか、ヒードラン意識で波乗りでもいいかもしれない。

NNはサノバウィッチのメインヒロイン、綾地寧々から。(えっちしたい)







ミミッキュ@ゴーストZ

Lv50時の実数値
131-156-100-×-125-148

努力値
ASぶっぱ

S3から続投の何でも屋。

基本的に初手に置かず、お互い削れてきた、中盤~終盤辺りに出していた。
高速アタッカー潰しから、耐久系の崩しor削りも行えるまさに7世代最強クラスのポケモン。選出に悩んだときはなるべく出すようにしていた。

弱点としては、後攻とんぼ(ほとんどランドロス)からの高速高火力アタッカーで上から潰される動きにはかなり弱い。
特にコケコランドは、この動きをどっちもできる為、苦戦を強いられた。

ゴーストZだと、ボーマンダやガルーラに弱いので、フェアリーZも考えたのだが、それ以上にウルガモスやギルガルドを無視出来なかったので、一貫性の高いゴーストZで採用。

NNはサノバウィッチのメインヒロイン、椎葉紬ちゃんから。
めっちゃ甘えたい






ジャローダ@ゴツゴツメット

※めざパのタイプは岩

Lv50時の実数値
171-×-115-108-116-179

努力値
164-0-0-100-4-236(この調整だと努力値合計が504になるが、DL対策の為、敢えてBに4振っていない)

【調整意図】

S=最速110属抜き(メタグロスとカミツルギ意識)

C=C+2リフストでH4振りミミッキュを81.3%で1発
C+2めざ岩でH4振りガモスを81.3%、無振りリザYを75%で一発(D4振りだと62.5%)

DL対策でB<D

残りH
ミミッキュのZシャドクロ+影うち耐え
コケコのマジシャ+Z10万を高確率で耐える
(眼鏡マジシャは無理)


前期からの続投だが、調整を変えた、うちのPTのキノガッサ警察兼、ガルミミッキュを潰す姫。
この子の役割はコケコランドグロスや、ヒードランのいないガルーラスタン、キノガッサ入り等である。

前期は準速メガマンダ抜きだったが、メタグロスとカミツルギも重かったので、耐久を少し削ってSを最速メガメタグロス抜きまで上げた。この調整は正解で多くのメタグロスを葬る事に成功した(内心は冷パン氷&急所の恐怖に怯えていた)

他にもガルミミッキュ等をこの子一匹で見れる事が多く、ジャローダをウルガモスで見てる構築に対してはイージーウィンを取れた。
相手のPTにウルガモスいて、ガルーラジャローダ対面になった時、相手がゴツメを警戒してガモスに引く場合があるため、時にはリフレクターを貼らずにリフストを打ってC+2めざ岩でウルガモスを潰す動きを心がけていた。(2回ほどウルガモスにリフストを外して負けた試合があった)

一応、リザYにもめざ岩が通るのだが、今期当たったリザは、Xばっかりだったので、この子でリザを見る動きは安定しづらかった。
他にもクチートが苦手なランドロスにかなり強いのも便利だった(空から降ってくるランドロスは知らない。降ってくるのは女の子だけでいい)
とにかく、リフストを当てれば最強だった。

NNはFateから、セイバーの真名、アルトリア・ペンドラゴンから。



ガブリアス@ドラゴンZ

調整
ASぶっぱ残りD

前回から続投の、受けループ、オタクサイクルを潰す最終兵器(リーサルウェポン)

低速のサイクルやマンダ入り、リザ、馬車入りにも出していく、剣舞Z逆鱗で大体のポケモンが4ぬ。
特にHBカバルドンを潰せるのが評価点。
今期流行ってたカバマンダに対してもこの子を通していた。
高レート帯では剣舞した状態のガブリアスとランドロスが対面すると、大体の人がコケコに引くため、ヤンキー地震を打つなどをやっていた。
また、ブレードガルドに龍Zを打って、裏から出てくるマンダを滅ぼしたりもしてた。
この通りヤンキープレイが多くなる為、扱いが意外に難しかった。

受けループに対しては、ヤドランがいなければ、この子がかなり通るので、エアームドのゴツメをクチートで叩き落として、ラティアスを後出して、エアームドを引かせて、ラッキーバック読みガブリアスを決めて、剣舞して炎牙連打でムドーを突破してサイクル崩壊を狙って勝っていた。

また、ガブリアスはC222メガゲンガーの祟り目を体力満タンなら1発耐える為、催眠術の命中率や起きる確率を考えても、分のいい勝負ができた

現実は催眠術が当たりまくって、最長眠りしまくって負けてた。催眠ゲンガー死●ね

NNはガヴリールドロップアウトの主人公のガヴリールから。




スイクン@お盆

Lv50の実数値
207-×-135-110-176-113

努力値
252-0-0-196-60

【調整意図】
HD=控えめテテフのエスパーZ耐え
ゲッコウガのZ草結び耐え
C222メガゲンガーの祟り目2耐え
ギルガルドのZシャドボ+シャドボをお盆込みで確定耐え
珠コケコの10万耐え

S=準速60族抜き+S-1でガブリアス抜き

特殊に対しては、鬼のように硬いガードの固い子。
その特殊耐久で多くのテテフやゲッコウガをミラコで潰してきた最強ポケモン。
このPTで唯一ギルガルドのZシャドボを受けられるポケモンだったりするので、ギルガルド入りに対してはスイクンを積極的に出していた。
他にもスイクンの熱湯×2+メガクチートの不意打ちでH252ガルドをシバける為、ガルドスイクン対面は熱湯から入っていた。この時残飯の発動するか否かで毒ガルドの判別ができる。
ただ、最近はゴーストZガルドにもどくどくを仕込んでるケースも多いため、この子だけでガルドを見るのは安定しなかった。
レヒレも一応、役割対象なのだが、今期のレヒレはスイクンの前でやたら精神統一(瞑想)をし始めるので、瞑想したら、吠えるで流してまた後だししてきたら、吠えるタイミングで殴ってきた所を、ミラコで跳ね返して倒すと言う動きを取っていた。チョッキ持ちだとこの動きはできない。

ただ、水技の火力が低く、HDカバに展開を許してしまうのが、弱い点だった。
後、メガ馬車のゴリ押しもきつかった。

吠えるは他にもバトン展開の阻害も狙える為、害悪系統にもよく選出していた。
この子の熱湯は8回打っても全く焼かなかったので、火傷はおまけ程度に考えていた。(自覚が足りない;;)

NNは花咲ワークスプリング!のヒロイン、玖音彩乃ちゃんから。

(おっぱいに埋もれたい)






選出


カバマンダ系

クチートガブリアス@1

この構築のマンダは飛行技ワンウェポンが多くそして、カバがHDであることがほとんどである。
相手はほぼカバマンダコケコの選出をしてきた。
ガブリアスを初手に置いて、崩しにいく事が多かった。
相手の裏によって@1を変えていた。

馬車入り

スイクン、ガブリアスorラティアス、ミミッキュorクチート

ほとんどがバトン馬車ばかりだった。

初手にスイクンを置いて馬車、テテフどっちが来ても対応できるようにしていた。
カグヤに繋がれても吠えるで一応切り返せるが基本的にきつい。
馬車は、いかにラティアスとガブリアスの体力を削らせないか、またはミミッキュ皮を守るかが、重要だった。

リザードン入り

相手のPTによって変わる

ほとんどのリザードン入りにテテフが入っていた為、ラティアスが結構出しにくかった。
テテフがいる場合は、スイクンの選出率が上がる。
この構築のカバはHBが多いのでクチートを出すとかなり腐りやすい。

ゲンガー入り

ボーマンダやガルーラ入りに入ってるゲンガーなら、ほぼ間違いなく選出される。
催眠ゲンガーを考慮すると、スイクン、ミミッキュ、ガブリアス辺りの選出が多くなる。
特にガッサとゲンガーが同時に入ってるPTはとても戦いにくかった。

ガルーラスタン

ジャローダクチート@1

比較的勝率が良かった構築。
基本的にジャローダが通ってる為、この子を通して勝ちにいく。
ただ、ヒードラン入りだと、ジャローダが通せない為、その場合はガブリアスやミミッキュで強引に勝ちにいっていた。

オニゴーリ入り

スイクン、ガブリアスorミミッキュ、ジャローダ

かなりきつい。ほとんどガルクレセオニゴーリミミッキュ@2みたいな並びが多かった。
クチートを出すと、オニゴーリがどんどん発情して、手がつけられなくなるため、出さない様にしていた。
初手にスイクンを置いて、起点要因を潰すか削って、出てきたオニゴーリを吠えるで流して、オニゴーリより速いポケモン、ガブリアスやミミッキュで上から一撃でシバくのが理想。
SアップやBアップ回避アップを一発ツモされたら、無理。

イーブイバトン

ジャローダスイクン、ミミッキュorガブリアス

あんまり当たってないが、ほとんどこれで勝ってた。
起点役のエルフーンは基本攻撃技が無い為、ガブリアスで剣舞、挑発されたらスイクンに引いて置き土産から、イーブイが出たら吠えて、イーブイをサヨナラバイバイする。



きついポケモンや並び


コケコランド



クチート出せへん

毒ガルド



身代わり残された状態を作られるとかなりきつい。今期はかなり多くて禿げかけた。
というより、ギルガルド自体がもうきつい。

HDカバ



ジャローダがいないとほぼ100%起点にされる。

フェローチェ




スカーフ持ちがいないため、こいつがいるとミミッキュの選出を100%しなくてはならない。

オニゴーリ



当たったらこんな顔してる
おう!零度一発ツモやめろや

両刀メガマンダ



砂パの場合は、警戒するが、それ以外の奴は知らん。

素催眠ゲンガー



8回くらい連続で催眠レイプ決められて、心が折れた。しかも最速起き一回も無し。
最初の催眠はほとんど一発で当てられてた。

消 え て く れ

以下使ってたポケモンを雑に紹介


霊獣ボルトロス@電気Z

HB=A特化メガマンダの捨て身耐え

S最速

残りC

カバマンダコケコメタで入れた、ポケモン。HDカバを起点に裏を崩していく

皮の剥がれたミミッキュをぶっ潰す為に電気Z

NNはテラフォーマーズに登場する、電気ウナギの能力を持ったキャラ、アドルフ・ラインハルトから

ちなみに2089到達時に入ってたポケモンだったりする。



ランドロス@地面Z

ほうえんちほーからやってきたふれんず。つよーい!

調整はどこかのブログから、拝借した。

多くのテテフやミミッキュを挽き肉にしてくれた。さいきょーのふれんず

また、グライオンがボーナスステージになった。

この子のおかげで対受けループはほぼ100%勝てた。

最後までこの子を使いたかったが、ボーマンダや飛行2枚の選出にあまりにも弱いのでPTから外れた。

NNはけものフレンズから、サーバルキャットのサーバルちゃんから。







ゲッコウガ@水Z

クチートで誘う、初手の馬車やリザードンに対して強い、ハイドロカノンZゲッコウガ。
レヒレのいないマンダナットのサイクルや皮の剥がれたミミッキュをワンパン出来るのが強み。
クチート+高速アタッカーの相性はかなりいいので、今後も使っていきたいポケモン。

NNは千恋万花のメインヒロイン、常陸茉子ちゃんから。

悪戯したいし、されたい






キノガッサ

襷!胞子!強い!
QED。証明終了。

NNは、花咲ワークスプリング!のヒロイン、空森若葉から。
こういう幼なじみが欲しかったよ。



以下、敬体

とまぁ、こんな感じです2089までは、上げられたんですが、相手の皮の剥がれたミミッキュ、ガブ対面でジャローダバックを読まれて、馬車を釣られて剣舞されて、そこからフレドラでジャローダが潰されて、膝+ミミッキュの影うちで負けました;;

そこから、苦手PTやゲンガーに催眠レイプされて1900付近まで落ちました(-_-;)
とは言え、ここまで、全力でレートに潜れて、とても満足でした!><

最後にここまで、長い間、読んでくださった方々、ありがとうございました!

そしてレートに当たった方々、対戦ありがとうございました!(^○^)
知ってる方々とも多く戦えたので、とても楽しかったです。m(_)m
来期こそ、ラティアスクチートで2100取ります!
一応、QRもここに貼っておきます。
使ってみたい方は是非どうぞ!

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4C19-B7C0

それでは、この辺で失礼します。ノシ

↓サブロム最高


↓メインロム最高&最終


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けいま

Author:けいま
ポケモンとゲームとアニメが大好きなぼっち系オタクです
ゲームの中でもポケットモンスターシリーズが大好きです
中でも、4世代から使い続けてるクチートと、ラティアスが大好きです。
twitterも、やってるので興味ある人はよろしくです
ヾ(@゜▽゜@)ノ @Meguru_poke←でtwitter検索