記事一覧

S5使用構築、ラティクチリア充スタン~海より深い愛がある~最高2054

S5お疲れ様でした。けいまです。
今期も新たなラティアスクチートで、S5で結果が出せたので、構築記事を書かせて頂きました。

ちなみに、構築記事の名前の由来は、サノバウィッチのOP、恋せよ乙女達の歌詞から取っていますw(ブログ名も同じ理由)

下記が最速2000達成時の構築です。





更にその下が、最高レート更新、最後まで使用した構築です




今回は、この2つの構築を書かせて頂きます

※以下常体

最速2000達成時の使用構築の個別紹介



クチート@石ころ
Lv50時の実数値(メガシンカ時)

147-165-145-×-115-88

努力値

172-196-0-0-0-140

【調整意図】

HB=A+1(威嚇からの剣舞を積んだ想定)意地っ張りミミッキュのZシャドクロを18.8%耐え

HD=控えめテテフのZサイキネ(PF込み)で18.8%耐え。

S=12振りブラッキー抜き

A=A-1状態でH157メガクチートを炎牙で高乱数2発

説明不要の僕の嫁ポケモンその1。
この子とラティアスが、入ってない構築は僕のPTとは言えない。

ORAS時代から、現在まで、ずっと使い続けてる、色♀C抜け理想クチート。

メインサブ共に、型を変えずに使用し続けていた

トリルを使用しない構築で使った為、どのポケモンをこの子で相手をさせるかを、考えるのは非常に重要だった。

特に相手のPTに、ギャラドスがいる場合は、この子を大事にしないと、裏のポケモンも龍舞から、シバかれる為、ギャラドスがいるPTには、クチートが負担が掛からない選出を心がけていた。

この子の役割は、ガルーラとマンダ軸のPT、テテフミミッキュ等が主であった。

今期はゲッコウガの水Z所持率がかなり上がっていた為、ゲッコウガを見ると、この子の選出を躊躇っていた。

技構成に関しては、じゃれ、不意打ち、叩きは確定でいいとして、他は、アシレ、ドヒドに刺さる雷P。
不意打ちの縛り範囲を広げる剣舞、後だし、カバルドンを咎める、アイヘも候補に上がる。
今回は、ナットレイや、ハッサム絡みのサイクルや、ポリクチに強く出るために、炎牙を採用してる。

NNは、僕のママでもあり、彼女である因幡めぐるから。
今期は、じゃれつくをあまり、外さなかったとてもいい子だった。
めぐるのぱんつになりたい







ラティアス@拘り眼鏡
Lv50時の実数値
159-×-111-158-151-178

努力値
28-0-4-220-4-252

【調整意図】

HD=メガゲンガーのシャドボ&眼鏡コケコのマジシャ耐え。

S=最速

C=サイキネでH252メガヘラクロスを確定1発
10万ボルトでH252レヒレをお盆込みで高乱数2発
シャドボでH252ギルガルドを確定2発=後出しを許さない

説明不要の僕の嫁ポケモンその2

A抜け理想5Vのとてもすごい子。

サブロムでずっと使用していた眼鏡っ娘ラティアス。

今期も、相変わらず、ミミッキュ、テテフ、ガルドが入ってる構築が多く出す構築を選んだ。

役割としては、バナ、ロトム、ドヒドイデ、ゲンガー、リザードン、ボルト、レヒレ、カグヤ、ガブ等を相手していた。

特に水ロトムかバナがいた場合は、絶対に出していた。裏にガルドがいる場合は、憎しみを込めてシャドボをぶん投げる事をよくやっていた(ラティアス対面でロトムでボルチェン打つのやめて)

シーズン序盤はあまり出さなかったが、中盤、終盤辺りからサイクル系のPTが増えたため、選出が多くなっていった。

今期は催眠を搭載したゲンガーが前よりも、減っていたのは助かった。鬼火ゲンガーやシャドボゲンガーもっと増えろ。

技構成は、ゲッコウガやリザを一発でシバける(Yでも7~8割削れる)流星群。
メインウェポンのサイキネ。
カグヤレヒレに対しての打点として10万。

テテフ、ガルド、グロス意識のシャドボを採用している。

NNはサノバウィッチのヒロイン、綾地寧々から。せっくすしたい






ゲッコウガ@水Z※めざパは炎

Lv50時の実数値

147-×-88-155-91-191(A個体値0)

努力値CSぶっぱ残りB

対面性能の高い水枠を考えたら、入ってきた、すけべ忍者さん。

クチートが誘う、馬車やガモス、カバルドンに強く出せる水Zでの採用。マンダやグロスにも、出せるのが強かった。

他にも、ミミッキュのZじゃれつくをよんで、めざ炎で化けの皮を、破壊しながら、炎タイプに変身してZじゃれつくを半減で、受けてZカノンで倒せるのが強い。(Zシャドクロは無理)

カノンでの採用理由は、前述の通り、耐久に振ってないミミッキュやメガリザXをワンパンしたり、メガ馬車を守る補正時のZカノン+手裏剣3発で仕留められる為。(手裏剣2発は運負けピラミッド)

また、相手のガルドが悪波を全く考慮せずに、後だしや、シャドボを平気でやって来た為、めざ炎を抜いて悪波を入れるのも、いいかもしれない。

この子の自覚次第(主にミラーの同速勝負や手裏剣のヒット数)でレートが大きく変わるのが、使ってて弱い点だった気がする(実際、手裏剣2発と同速負けめっちゃやってた;;)

NNは千恋万花のヒロイン、常陸茉子から。いたずらしてくらはい(^q^)






キノガッサ@気合いの襷

Lv50時の実数値
135-182-101-×-80-134

調整
ASぶっぱ残りB

SMでの国際孵化で産まれた、ラブボ夢♀キノガッサ

胞子の一貫切り+対面性能の高いポケモンとして、採用。
基本、相手のPTにガッサを見かけたら、この子を初手に置いていた。



雑に使っても強かったが、この子も、種ガンのヒット数や眠りターン等の運にとても依存してしまう点は、弱く感じた。

ただ、選出誘導能力は、相変わらず健在で、催眠対策である、コケコやレヒレ、ナットレイ等の選出が容易に読みやすかった。

ちなみに、ガッサグロス対面は100%ガッサ側が不利。
ガッサのマッパを平気で3発耐える上、アイヘ怯みやバレパンの搭載率も相まって、絶対に勝てない。
しかも、ほとんどのグロス軸に、コケコかレヒレが入ってるので、まず出せなかった。
催眠無効枠+ギルガルドも然り。

ガッサミラーの安定感がなかった為、シーズン後半は、意地っ張りのABガッサを使用していた(後術)

NNは花咲ワークスプリング!のヒロイン、空森若葉から。
桐谷華ちゃんボイスの幼馴染みが欲しかった






ランドロス@拘りスカーフ

Lv50の実数値

165-197-110-×-100-157

努力値
ASぶっぱ残りH

ほとんどの試合で出していた、うちのPTの保護者的ポジションのおじさん。

基本、馬車やリザ、ガルーラスタンに対しては積極的に出していた。

威嚇とスカーフとんぼのお陰で、先発性能がとても高く初手のテテフのサイキネを、ゲッコウガやラティアスで透かす等のプレイングも出来た(ムンフォやめてね^ー^)

他にもゲッコウガランド対面でスカーフとんぼして、相手のゲッコウガの冷ビを、こっちのゲッコウガで半減で受けて、氷タイプになったゲッコウガを手裏剣で落とす動きも可能である。(スカーフゲッコウガは知らない(´゚з゚)~♪)

陽気最速にするメリットとしては、環境に多い、S+1の控えめウルガモスや、最速ギャラドス、シーズン中盤に増え始めた、ポリゴンZを上から叩ける為。他にも、準速スカーフテテフも上から叩ける為、とんぼ+地震で処理可能になる。
このように、陽気最速にするメリットはとても多かった。

リザに関しては、最速リザの個体数も一定数いた為、安定しづらかった。特に最速ニトチャリザYは後だしからでは、勝てない。

シーズン後半に雪崩を外しまくって、レート配布に貢献した、戦犯でもある。

技構成は、地震、蜻蛉は確定で、上から3割怯みや、HBリザY意識の岩雪崩、最後は、ガルーラやキノガッサを蜻蛉+馬鹿力で落とせる為、馬鹿力を採用した。

シーズン中盤に一定数見かけた、ポリゴンZにも刺さった。

NNはtwitterで一時期、見かけたワード、おちんちんランドから。このNN付けたいために、わざわざ、スペイン語ロムで周回するという、アホみたいな事をやっていた(^_^;)







デンジュモク@電気Z

Lv50時の実数値

187-×-94-220-96-125

努力値

228-0-20-52-36-172

【調整意図】

HB=A実数値197不一致地震(無補正Aぶっぱメガグロスとメガマンダ)を最低乱数以外耐え

HD=C特化テテフのPFサイキネを最低乱数以外耐え(強化アイテム無し想定)

C=H振りメガフシギバナをC+3Z10万で確定1≒H振りナットレイも飛ぶ

ラティアスクチートに群がる、オタクポケモンを蹂躙する為に採用したウェイ。

役割としては、ゲッコウガで崩せない、水タイプ絡みのサイクルや、受けループ、ポリクチ等の低速が多いPT等である。

耐久にここまで割く事で、対面性能も上がり、グロスやマンダを対面から消し飛ばす動きも可能になった。

ちなみに、ジュモクのZ10万は、コケコが半減でも、消し飛ぶ、トンデモ火力だったりする(EF込み)

身代わりを持たせる事で、地面枠の引く動きにも柔軟に対応しやすくなる為、あるととても便利に感じた。

他にも蛍火積んだ状態なら、めざ氷でH振りカバやモロバレルを一撃で粉砕できるため、低速低火力のポケモンでジュモクを見てくる人には、とても刺さった。

モロバレルの胞子を身代わりで透かして、蛍火積んで、めざ氷でモロバレルをぶち抜くのは、楽しかった。

ただ、霊獣ボルトと違って、後だし性能が低いのが欠点だった。
他にも、ミミッキュ+耐久水の組み合わせも相手してて辛く感じた。

技構成は、最も範囲の取れる10万+めざ氷、耐久ポケモンをぶち抜く為の蛍火、有利対面での安定行動が取りやすい、身代わりを採用。

NNは僕の独断と偏見でリア充となった。
この子の火力は、とてもクセになった。




以下、メインロム使用時の個別紹介




クチートは上と同じ個体を使用の為、割愛。



ラティアス@拘りスカーフ

Lv50の実数値
157-×-111-160-151-252

努力値
12-×-4-236-4-252

調整意図

HD=C222メガゲンガーのシャドボ最低乱数以外耐え

S最速

残りCと余りをD振り

眼鏡ラティアス以外の、ラティアスを使ってみたいという事で、PTと相談した結果、採用した、最速スカーフラティアス。

最速スカーフの理由は、S+1のガブやリザX、メガ馬車、準速メガマンダを抜く事ができる為。

Sを準速メガマンダ抜きにして、火力と耐久に努力値を回すのも、ありかもしれない。

ただ、火力が微妙に足りない点が目立っていた。特にゲッコウガを低い乱数でしか落とせない点が非常に辛かった。

控えめにすれば、一応ゲッコウガを87%くらいの高乱数で落とせるが、舞ったリザXを安定して抜きたかった為、控えめにはしなかった。

技構成は、リザX、ゲッコウガに対する打点として、流星群。
リスクの無いメインウェポンのサイキネ。
テテフにやグロスに対する打点のシャドボ。
ランドやマンダ、龍+フェアリーに対してリスク無く打てる冷ビを採用した。

NNは天神乱慢のヒロイン、千歳佐奈ちゃんから。


)





キノガッサ@気合いの襷

努力値
0-196-116-×-0-196

【調整意図】

A=B4振りガッサをマッパで93.8%の高乱数2発

HB=陽気ガッサのマッパを確定3(意地っ張りでも12.5%の低乱数2)

A特化メガガルーラの炎パンを高い確率で耐える(急所や火傷は非考慮)

S=S-1準速メガマンダ抜き&準速60族、抜き抜き。

ORAS時代の長い国際孵化で産まれた自慢の、夢C抜け理想♀キノガッサ

序盤、中盤は陽気でずっと使用してたが、ガッサミラーの、安定のしづらさや最速のメリットをあまり感じなかった為、終盤にガッサミラーに強くなれる、ABガッサを採用した。

その他は、普通の襷ガッサとして使用していた。

NNはひだまりスケッチの主人公の、あだ名、ゆのっちから。






ミミッキュ@ゴーストZ

Lv50時の実数値

131-156-100-×-125-148

努力値
ASぶっぱ残りH

3期連続で使用している、自慢のラブボ色♀ミミッキュ。
僕のPTの♀率が高いのは、僕のただの趣味。

困ったときに、よく選出する、PTのママ枠。

最近は、耐久に振って、2回行動しやすくした、ABミミッキュも流行っていた為、使用しても良かったが、相手のガッサやミミッキュミラー等に弱くなるのを避けたかった為、ASで採用した。

やはり、化けの皮による行動保証が強く、出すと安定して仕事してくれた。

ただ、ABと違って、皮が剥がれると性能がかなりガタ落ちする所は、弱い点だった。特にとんボルチェンから、ミミッキュをワンパン出来るポケモンに繋がれる動きをされると、腐りやすかった。

NNはサノバウィッチのヒロイン、椎葉紬ちゃんから。ママーーーーーーーーーーー







ガブリアス@ドラゴンZ

努力値ASぶっぱ残りD

この子も3期連続で、登板しているポケモン。

ミミッキュで崩せない受けループやオタクサイクルを破壊するのが、役割。

最近は、炎牙より、ガッサの胞子や、剣舞積んだ後の、択のリスクを抑えられる、身代わりの採用も割とありかもしれない。

A+4龍ZでH振りカグヤが半減でも消し飛ぶ。(わんぱくB振りだと乱数)

NNはガヴリールドロップアウトの主人公ガヴリールから。↓龍Zをフェアリーポケモンに透かされた時の僕。






テッカグヤ@バンジの実

Lv50時の実数値

204-122-154-114-133-85

努力値

252-4-156-0-92-28

【調整意図】

HB=A特化ミミッキュのA+2Zシャドクロ被弾時に、バンジの実発動。

HD=C特化眼鏡テテフのPFサイキネをバンジの実発動込みで3耐え

C特化ギルガルドのZシャドボ被弾時にバンジの実発動。

PT単位で重かった、ミミッキュ、テテフ、ガルド、マンムーの受け先として、採用。

この子を入れた事によって、ミミッキュ入りや、ガルド入りにも、積極的にラティアスを出せるようになった。

とにかく、高火力の抜群技でなければ、割と耐えてくれたり、バンジの実の発動機会も多くこのポケモンの強さを感じた。

技構成は、メインウェポンであり、ミミッキュ、テテフをワンパンするためのヘビーボンバー。
回復ソースである、宿り木。

宿り木やZ技透かし、拘り確認として、使える、守る。

ナットレイやカグヤミラー意識の火炎放射を採用。

NNは、輝夜-かぐや-の読みを、弄って付けた、てるよ。↓陰キャカグヤのイメージ




以下、きついポケモン

ギルガルド(特に残飯毒ガルド)




い つ も の 辛 い ポ ケ モ ン

今期、アホみたいに増殖してて、辛すぎた。
そもそも、ガルド自体がラティアスクチートを使う上で、とてつもなくきつい。

身代わりデンジュモクでうまく立ち回って潰すか、ゲッコウガで削ったり、ラティアスの交代読みシャドボ、クチートで強引に潰すのがほとんどだった。

ランドでの処理は、裏にマンダや、カバが入ってる事が多かった為、なかなか、通せなかった。

フェローチェ



ラティアスクチートキラー。

こいつがいる場合、スカーフ持ちと、先制技持ちのポケモンを選出を選出しないと、全員滅ぼされる。

テテフ入りに入ってるフェローチェは、最早犯罪レベル。

メインロムの構築はミミッキュやスカーフラティアスがいた為、まだ、楽だった。

ただ、環境にガルドが多いため、個体数がそこまで多くなかったのが、幸い。(ガルド多いなら、結局きつい)

マンムー



ラティアスクチートで、毎回重くなるポケモン。
特に、サブロムの場合、マンムーに安定して突っ張れるのが、ゲッコウガだけの為、初手では無く、裏にマンムーを置かれる選出や立ち回りをされると、辛かった。
最悪の場合はクチートで対面のマンムーを潰す動きもやった。(意地っ張り珠マンムーはやめてね)


メガメタグロス



メインロムの構築の場合は、とてもきつい相手だった。
ほとんどのグロス軸が、ゴツメランドを採用していた為、クチートでグロスを見る動きは、全然出来なかった。

サブロムの場合は、ゲッコウガやスカーフランドがいた為、あまり苦にはならなかった。

終盤の追い込みで、グロスの冷パンでクチートが5回以上凍らされたときは、ヘコみかけた(^_^;)

カプ⚫テテフ



特に臆病スカーフテテフとHB眼鏡テテフがキツく感じた。
初手、ランドテテフ対面で、ムンフォ打たれたら、ほぼ対あり。(裏のゲッコウガやラティアスが4ぬ為)

メインロムはカグヤがいた為、テテフ入りにも、柔軟に戦えた。

ちなみに、クチートでテテフを相手する場合、襷とHB眼鏡テテフはほぼ勝てない。

ギャラドス



メイン、サブ共に、辛いポケモン。

ギャラドスと対峙するまでに、クチートを使うと負けにかなり近づいてしまうため、ギャラドス入りに対しては、クチートは他のポケモンを相手させないようにしていた。

ただ、うまく無傷のクチートとギャラドスを対面させても、滝登りで怯まされると負けるため、かなり辛かった。
じゃれつくの命中不安を考えると、ギャラドスの突破率は更に低い。

カプ⚫レヒレ



サブロムで重めのポケモン。

特に控えめ水Zと眼鏡等の、パワーのあるレヒレが辛い。
ゲッコウガが水Zの為、こいつがいると、選出が歪まされる。

処理√は無傷の眼鏡ラティアスの10万や、デンジュモク、ガッサ等。
ガッサの場合、裏のギルガルドやグロスを考えると、なかなか選出しづらい。

オニゴーリ



炎枠がいない+クチート軸の為、100%出てくる。安定して、ワンパン出来るポケモンがいない為、ムラっけの試行回数を稼がれやすい。

こいつがいると、クチートの選出がかなり難しくなる。選出する場合は、うまく守るのタイミングでゴーリを上から、潰せるポケモンを出す等の、工夫が必要。
その間に、Sか回避UPを引かれると、厳しくなるので、結局辛い。

メインロムの場合は、ミミッキュやガブリアスで、うまく潰していた。

ゲッコウガ



特にスカーフゲッコウガと水Zゲッコウガは辛い。
スカーフゲッコウガの場合、ランドが問答無用で潰される為、ディスアドが大きかった。

ゲッコウガにゲッコウガを後投げする立ち回りを良くされた為、同速勝負が発生しやすく、安定して処理しづらかった。

※以下、敬体。

とまぁ、こんな感じでS5のレートはやっていました。
今期も2100を目指していたのですが、力及ばずで、悔しいシーズンでした(-_-;)

最後に、ここまで長い間、読んで下さった方々、そして、S5で対戦して頂いた方々、改めてありがとうございました!(^○^)

僕が、ポケモンをいまだに楽しくプレイ出来てるのは、間違いなく、あなた方がいるおかげです!><

最後に、メインとサブ、それぞれのQRを貼っておきます。

メインロム
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4A47-B325


サブロム
https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-D4F5-4B00

それでは、皆さん、S6のレートの舞台で合いましょう。ではでは~(^^)/

サブロム初2000到達時




最高レート到達時


スポンサーサイト

コメント

桐谷華ボイスの幼馴染は無理ですが、それに近いアイドルならアイドルマスターシンデレラガールズの五十嵐響子がいますよ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けいま

Author:けいま
ポケモンとゲームとアニメが大好きなぼっち系オタクです
ゲームの中でもポケットモンスターシリーズが大好きです
中でも、4世代から使い続けてるクチートと、ラティアスが大好きです。
twitterも、やってるので興味ある人はよろしくです
ヾ(@゜▽゜@)ノ @Meguru_poke←でtwitter検索