FC2ブログ

記事一覧

S9 使用構築 茉優とめぐると陽だまり笑顔♪ 最高&最終2112

S9 お疲れ様でした!けいまです。
今期も相変わらずラティアスクチートで2100を目指して奮闘して、なんとか2100に載せるの事が出来たのでその時使用してたPTを書こうと思います。

ちなみに構築記事の由来ですが今期僕が使用したTNの前から使ってるめぐると新しく使い始めた、RIDDLE JOKERのヒロイン、式部茉優とRIDDLE JOKERのヒロインの千咲√のED曲、陽だまり笑顔から取ってるだけで、特に意味は無いです( ̄▽ ̄;)

RIDDLE JOKERめっちゃ面白くてヒロインもかわいいのでやる事をオススメします。特に茉優がめちゃんこかわいいです

話が逸れてしまいましたが、こっから使用構築を紹介していきます。

【以下常体】


【採用理由等】

今期も相変わらず、パワーのあるレヒレが環境に蔓延っていたので、前期から引き続きHDベースのクチートを採用

ラティアスは僕のPTがそこまでサイクルを回すPTでは無い為、少ないサイクルで相手に負荷を掛けられる眼鏡ラティアスを今期も引き続き採用

ラティアスクチートで戦う上で後手に回りやすいテテフや襷ランドの展開系に強く初手性能の高いミラコ持ちのHDお盆スイクンを採用。

ここまで一貫してる胞子の一貫性や今期とんでもなく増殖してたウルガモスを止められる襷岩封ガッサを入れた

相手の受けサイクルや環境に一定数いる受けループを取りこぼさない為に崩し枠として地面Zランドロスを入れ、

最後にここまで重いメタグロスやコケコ、ゲッコウガを上から叩けるポケモンとしてスカーフヒートロトムを採用して構築を作った。

【以下個別紹介】



クチート@石ころ

Lv50の実数値(メガシンカ時)

157-151-146-×-129-76

努力値
252-100-4-×-108-44

HD
C155ゲッコウガのZカノンを12.5%の低乱数≒C192メガルカリオの適応力気合ボール

C182テテフのめざ炎を2耐え(控えめは27.7%で落ちる)

C147コケコのEF眼鏡10万確定耐え

C161レヒレのZドロポンを確定耐え

C無振りテッカグヤの火炎放射ほぼ2耐え(Cに下降補正をかけた放射は確定2耐え)

C222メガゲンガーの状態異常時の祟り目確定耐え

HB=A165霊獣ランドロスの地震を威嚇無しで確定耐え

A-1状態のA216メガマンダのスキン捨て身をメガ前時被弾+メガシンカ状態で地震被弾を確定耐え(あくまで参考程度)

S

S下降補正S個体値31のギルガルドとテッカグヤ抜き&電磁波入れたミミッキュ抜きクチートのS実数値75抜き調整

A=余り
じゃれつく

無振りメガルカリオを87.5%の超高乱数1発

ORAS中盤からずっと使い続けてる不動の嫁ポケモン。僕の戦う理由のポケモンその1。ほぼ全試合選出した

前期に某うまるちゃんアイコンのラティアスクチート使いの人がとんでもない結果を出してるのを見て、あの調整のクチートが一定数増えると思い、Aを削ってSを76まで底上げした。結果、クチートミラーで1回もSで負けなかったのでクチートミラーにはかなり優位に立てた。

D振りの恩恵は結構大きく、カグヤの放射を2回耐えたり、ゲッコウガに対して行動保証を持てるのは重宝した。他にもスカーフテテフのムンフォに素のクチートの状態で無理矢理後投げする事も可能。ただし、PFサイキネだと素のクチートのダメージ+メガクチート時のダメージで乱数で落ちるので積極的やるプレイングでは無い。

今期はゴツメを持ったカバルドンがかなり減った印象でクチートのじゃれつくが割と通っていたが、終盤また増え始めた感じだったので出来ればゴツメカバは増えないことを願いたい。
後、ずっと言っているがナットとカミツルギとハッサム対面はノータイムじゃれつく安定(ヒードランがいる場合は叩き)

基本ボーマンダはこの子で仕留める為、クチートが削られ過ぎないように他のポケモンをうまく駆使してボーマンダ以外のポケモンを倒していく、威嚇を残すのが理想。
選出画面で誰をクチートで相手させるかを考えるのが非常に大事に感じる。

火力を大きく削って入るが、そこまで不便に感じることは無かった。ただ、ガモスの不意打ちの打点が足りなかった場面が多かったのは少し気になった。

技構成はメインウェポンのじゃれつくと対面性能と縛り性能を追加する為の不意打ち。
残りはヒードラン入りのサイクルや一貫が高く命中安定の叩き落とす、クチートミラーやハッサムやナットカミツルギの炎4倍勢に刺す炎の牙を採用

NNは僕の彼女で妻の因幡めぐるから。(制服エプロンで無限に毎朝起こされてぇ)






ラティアス@拘り眼鏡

Lv50時の実数値
159-×-111-158-151-178

努力値
28-0-4-220-4-252

【調整意図】

HD=メガゲンガーのシャドボ&眼鏡コケコのマジシャ耐え。

C217メガリザードンY(D4振りガブをめざ氷確定1調整)のめざ氷、晴れ下だいもんじを確定2耐え、

S=最速

C=サイキネでH252メガヘラクロスを確定1発
10万ボルトでH252レヒレをお盆込みで高乱数2発
シャドボでH252ギルガルドを確定2発=後出しを許さない

H228、D140振りカバルドン(アーゴヨンのZ流星耐え調整)をサイキネで混乱実を発動させずに確定2発

H252メガリザードンYをサイキネで92%の高乱数2発

龍星群でH175ボルトロスを超高乱数1発

H143、D63カミツルギ(特化テテフのPFサイキネ耐え調整)を流星群で75%の高乱数1。無振りなら余裕で確定1

USMから使ってる不動の嫁ポケモンその2。自慢のA最低値のラブボラティアス。個人的にラティアスは通常色の赤色が一番好き。

前期にゴツメラティアスが結果を残した影響かで多少使ってみたがあまりにも電磁波に頼る場面や、相手にかける負担が弱すぎたので、一番好きないつもの眼鏡で使った。

火力が半端な場面が多々あるが、特殊アタッカー(特にリザYと霊獣ボルトとロトム)に対する後投げから裏のポケモンに負担を掛けていく動きは結構強く雑に殴ってるだけで試合を終わらせる事もあった。

ガルドやグロスの後投げを非常にされる為、選出画面でガルドやグロスが見えた場合はシャドボで後投げを許さないようにする。
他にも10万でカグヤやレヒレを削るとダメージで眼鏡だと判断される為、電気無効枠引きのケアで絶対にこっちも一旦引くようにしていた。と言うよりこの動きは眼鏡ラティアスを使う上で絶対やるべき行動だと考えている。

基本リザードンとボルトとロトムとフシギバナがいた場合はには絶対に選出するようにしていた

技構成はメインウェポンのサイキネ、リザXやカミツルギ、霊獣ボルトやゲッコウガをほぼワンパン出来る龍星群、呼ぶテテフやガルド、グロスに隙を見せないシャドボ、カグヤやレヒレへの打点として10万ボルトを採用

NNはサノバウィッチのヒロインで最強のオナニー枠である綾地寧々から(寧々のオナニーの手伝い(セックチュ)したい)






スイクン@お盆

Lv50時の実数値

207-×137-111-168-118
努力値
252-×12-4-140-100

【調整意図】

HD
C200テテフのPFZサイキネを最低乱数以外耐え

C187ガモスのC+3ギガドレ確定耐え(4積みは乱数50%)

C161レヒレのC+5ムンフォを18.8%耐え(無振りは+6でも耐える)

C222ギルガルドのZシャドボ+シャドボをお盆込みで確定耐え

C155ゲッコウガのZ草結び確定耐え

S
4振りミミッキュ抜き

残りBとCに振り分け

対面性能の高い今期のもう1人のヒロイン枠。USMで捕獲したムンボ入り穏やかスイクン。
テテフが初手に出てきそうな場合こっちも初手に出してミラコの反射で叩き潰しにいった。ほぼ全てのテテフに対面から打ち勝つことが可能。(襷で初撃のサイキネでDダウン引くと負ける)
レヒレやガモスも読みが絡むが突破する事が可能。特に今期はガモスがやたらスイクンのエキスをギガドレでちゅーちゅーしてきたのでミラコの反射で倒していった

基本初手のミミッキュとスイクンが対面した場合相手は剣舞か身代わりなので吠えて流すようにしていた。

他にもDに降っている為ガルドのZシャドボのクッションとして使うことも可能。

今期も相変わらず物理アタッカー全然焼かないお茶目な子だった。

技構成は3割火傷を狙える(火傷させるとは言っていない)熱湯。襷ランドに一ターンしか行動を許さず、起点回避として優秀な凍える風。テテフやガモス等の特殊アタッカーを飛ばせるミラーコート。バトン展開や嵌め戦術から一時的に回避出来たり、ポリZのZテクスチャーを許さない吠えるを採用した

NNは花咲ワークスプリング!のヒロイン、玖音彩乃から(この子の授乳手コキはあってなんで茉優の授乳手コキは無いんだ・・・)






キノガッサ@気合の襷

【調整意図】

ASぶっぱ残りB

クチート軸に入ってくるキノコちゃそ。
今回は陽気では無くパワーの出る意地っ張りで採用。具体的には無振りテテフが種ガンでほぼ3発、ASミミッキュを皮の被弾込みで4発で落とせたり、無振りメガバンギをマッパでいい乱数で落とせたりする点が優秀に感じる。
この子はPTにいるだけで相手の選出をかなり絞れる為、選出を考える上では大変助かった面も多い。特に今期とても増えていたレヒレ+グロスの並びや初手にコケコを非常に誘ったので、後述するスカーフヒトムが非常に刺さりやすかった

基本この子はステロの気配が無ければ後発に置いてストッパーとしての役割が多かった。
ブルル入りが重いので剣舞採用も考えたがそれ以上にウルガモスがかなり繁殖していたので岩封で最後まで使用した。

NNは某エロ同人サークルの名前から拝借した。(いつも息子がお世話になってます)






ランドロス@地面Z

Lv50の実数値

181-181-110-×-100-157
努力値

132-124-0-0-0-252

【調整意図】
HD
C200テテフのPFサイキネ確定耐え

HB
威嚇込みでA194の親子愛冷パンをほぼ耐える

Sぶっぱ

残りA
Z地震

H151B125ミミッキュを81.3%の高乱数1≒H175B108テテフ

B4振りキノガッサを地震+Z地震で処理可能

剣舞地震でB特化カバルドンが50%の乱数1

ほーえんちほーからあろーらちほーにやってきたさいきょーのふれんず。このPTの影のエース的存在。

ラムガブに変わって新たに入れた崩し枠。最近はクチート入りのガブにラムガブが多い事が認知されてかガブガッサ対面で種ガンから入ってくるガッサが多く、対策として不十分に感じる上にミミッキュやテテフがいると選出を躊躇う場面が多かったので、比較的読まれにくい最速身代わり地面Zランドロスを採用した。

ガブとの違いはミミッキュとテテフにも強く出られる点。ただし炎耐性が無いのでヒードラン入りの相手が苦しくなってしまったのは欠点
ガッサとこの子が対面した場合身代わりから入って相手の胞子をすかして地震+地面Zで処理する動きが面白いくらい決まった。

相手のミミガッサ系統の対面PTはこの子を通すのを意識して立ち回っていった

対受けループではグライオンがほぼ100%出てくる為、グライオン以外のポケモン特にエアームド辺りを起点に身代わりを貼っていくようにする。受けループのグライオンは最速ランドロス抜き調整がメジャーな為。
ちなみにヤドラン入りの受けループはどう足掻いても勝てないが幸いほぼ水枠がドヒドイデだったのでそこまで支障は無かった(最終日にフェローチェ入りとヤドランが入った受けループに2回レートを献上してしまった)

NNはけものフレンズのふれんず、サーバルちゃんから(ちなみに僕はフェネック派です。ジト目しゅき)






ヒートロトム@拘りスカーフ

【調整意図】

CSぶっぱ残りDL対策でD

メタグロスと鶏(コケコ)を焼却処理して貰う家電。

最初はここの枠をシャンデラで採用したが相手のレヒレや後出し性能の低さ、クチートとの地震の一貫性が辛く感じその問題を緩和する為にヒートロトムになった。
キノガッサが初手コケコを非常に誘うためコケコ入りにはこの子を初手に合わせて焼き払って貰う(乱数50%)
他にもレヒレに打ってボルチェン水技をラティアスで受けてレヒレを叩き潰すプレイングも可能。

今期は思念の頭突きを採用したグロスがうようよしてたので安易にヒトムを出すと思念でパチキかまされてスクラップになる事が多かったので、安易に投げるのは危険に感じた。

他にもオバヒで処理した後にボーマンダが出てきた場合相手はクチート警戒で地震を交代読みでよく打ってくるので直接クチートを出すのではなく、スイクン等でワンクッション置いてクチートを出すようにしていた。

技構成はメインのオバヒとサイクルや様子見で便利なボルチェンを確定としマンダやランドロスに安定打点となるめざ氷、耐久ポケモンの崩しやスカーフの押し付けで相手の動きを制限出来るトリックを採用した。

NNはオバヒを絶対当てるという願いと、百発百中の槍グングニルとグリルを掛けてグングリルにした。今期はオバヒで耐久振りのコケコ以外ほぼワンパンで焼き払ってくれたから非常に助かった。


【選出】

カバリザ

スイクンorランドロスクチートラティアス

テテフが入ってるパターンが多い為スイクンを初手に出すことが多い。グロスが入ってる場合はヒートロトムの選出も考える

馬車系

ラティアススイクンクチート

ほぼ初手スイクンから入っていく。基本馬車はラティアスで相手をする為、馬車の一貫を作られないようにラティアスの体力管理を徹底する

カバマンダ系統

スイクンクチートヒートロトムorラティアス

コケコがいる場合はヒートロトムを初手に置いて初手コケコに備える。クチートを対ボーマンダとして以下に残せるかが非常に重要

ガルーラ系

クチートランドロススイクンorラティアス

ほぼ初手にガルーラが来る為クチートを先発で出していく。相手の裏にギルガルドやヒードランがいる場合は叩きを押してガルドやドランの後投げに備える。相手のPTにゲッコウガがいる場合はスイクンの選出の優先度が上がる。ゲッコウガの型次第で勝率が大き変わる為安定しづらい

受けループ

ラティアスクチートランドロス

初手ラティアスを置いてグライオンとゲンガーを牽制して、隙を見てランドロスで崩す動きを狙っていく

バナ+鋼入りサイクル

ラティアスランドロススイクン

クチートが全然通せない事が多い為この選出ランドロスを潰されないようにヒードラン以外のポケモンを崩していく
バナカグヤにはバナラティアス対面でノータイム10万を打っていく

ルカリオ系

ラティアス@2

霊獣ボルトが入ってる構築が非常に多い為ラティアスがほぼ確定。
ミミガッサならランドロスキノガッサ、カバ入りならスイクンの優先度が上がる

ゲンガー系

ラティアスクチートランドロスorスイクン

テテフランドゲンガーならスイクン。サイクル系統ならランドロスを出していく。テテフがいない場合はラティアスから入ることが多い

ミミロップ軸

ラティアスクチート@1

ミミロップの取り巻きを以下にミミロップの一貫性を作らずに崩すかのゲームなのでクチートの体力を削られすぎないように立ち回っていく。サイクルが多いのでほとんどランドロスを出すことが多い

ヒトムレヒレグロス

ラティアスヒートロトムクチート

中盤辺りで増え始めた並び。ほぼグロスかレヒレが初手に出てくる為初手にヒートロトムを出していく。グロス側が引くことが多いので基本はボルチェンを押すようにしていく。ラティアスが場に出るとグロス引きが非常に多い為シャドボ打っていくようにする

【きついポケモン&並び】

ゲッコウガ




特に悪波持ちの激流ゲッコウガが辛い。スイクンのミラコ反射が出来ないのがあまりにも辛い。このポケモンの持ち物は未だにはっきりと分からない

フェローチェ



物理はまだなんとかならなくは無いが、特殊フェローチェは悪魔。最速フェローチェの場合ヒトムでも上を取れないのが痛すぎる

アーゴヨン



上からワンパン出来るポケモンがいないため、仕留める時に非常に択になりやすい。クチートで処理するかスイクンのこごかぜでうまくラティアスかランドロスでいなしていく必要がある。終盤あまり当たらなかったのは幸いだった

ヤドラン入り受けループ



崩せません


ブルドヒバンギ



ラティアスがバンギで、クチートがドヒドイデで、ランドロスがブルルで止められるため有効な崩し手段が無い

ガルーラ+ゲッコウガ



この組み合わせは非常に選出が縛られる為かなりきつい。クチートとキノガッサでうまく立ち回っていく必要がある

カウンターガルーラ



知らんな

素催眠ゲンガー



4連続で当てられて三タテされたのは忘れない

思念メタグロス



ヒートロトムが何回もスクラップになった。

【以下敬体】

とまぁS9はこんな感じでやっていました。今期は前期2100載せられなかったのでなんとか結果を出せて良かったです。

欲を言えば2100から1回勝ちたかったですが2100載せたのがシーズン最終日の明け方の7時半くらいだったので流石に眠くて断念しました( ̄▽ ̄;)

ここまで見てくださった方ありがとうございます。そしてマッチングした方々対戦ありがとうございました!

来期もオタクTNのラティアスクチートで潜ってると思うのでその時は対戦よろしくお願いします!(`・ω・´)

ではでは~ノシ


↓紹介したPTのQR
https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4308-A663


↓最終レート


↓最終順位


↓めぐるロムでめちゃくちゃ勝率が良かった奴
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けいま

Author:けいま
ポケモンとゲームとアニメが大好きなぼっち系オタクです
ゲームの中でもポケットモンスターシリーズが大好きです
中でも、4世代から使い続けてるクチートと、ラティアスが大好きです。
twitterも、やってるので興味ある人はよろしくです
ヾ(@゜▽゜@)ノ @Meguru_poke←でtwitter検索